「瞑想の効果」が日常生活にどう影響するか?→それがコチラ。

★役に立ったらシェアをお願いします★

こんにちは。この記事は、

「瞑想が実生活にどんな効果があるのかが知りたい。」

「瞑想の効果って具体的にどう作用するの?」

という方に向けた記事です。

「瞑想の効果についてあんまり良く分かってない」

という方は、先に下の記事を読むことを強くオススメします。

瞑想って効果あるの?→あります。その根拠、メリッ卜も
こんにちは。この記事は、 「瞑想のメリットを知りたい」 「瞑想って本当に効果あるの?」 とお思いの方に「瞑想の効果とメリット、その根拠...

瞑想は心と体のメンテナンス、なんて言われています。

でも、まさにその通りで、

瞑想を行うことによって、「本当の休息」を手に入れることができます。

その他にも様々な効果を発揮することが分かり、

今では世界中の人々が瞑想を実践しているのです。

今回は瞑想によって得られる効果が、

実生活でどう生かされていくのか、どんないい影響があるのかを紹介します。

「瞑想の効果」。実生活でこう現れます

悩みやストレスが減る、または消すことができる

悩みは日常生活のなかで必ずといっていいほどでてきます。

悩みが発生する原因は、頭に余裕がなくなってくるからだ、というのは

一度でも悩みを抱えたことがある人にはよく分かることでしょう。

どんな小さな悩みでも、人はそれを大きく捉えてしまいがちで

なかなか解決することができません。

もしも、悩みが処理しきれずにどんどん溜まっていけばどうなるか。

どんな簡単な悩みでも処理することができなくなり、

「途中で考えるのをやめた」状態というのが何層にも積み重なっていきます。

その状態はなんの確証も無いままにし、不安だけを漠然と残していくので

精神にどんどんダメージを与えていきます。

それがやがて積み重なっていき、不眠症やうつを引き起こすのです。

瞑想によって悩みを簡単にクリアする能力を得ることができます。

瞑想とは、無駄な思考を気にしないようにするための訓練のようなものです。

瞑想によって無駄な思考をすべて洗い流すことができるようになれば、

それだけ脳にキャパシティが生まれます。

そうして考えるスペースに余裕が生まれると、

悩みを処理しやすくなり、悩みも何も抱えずに生きていくことができます。

しかも脳に余裕が生まれると、多面的に考えることができるようになったり

創意工夫ができるようになったりするので、

悩みに対する姿勢が劇的に変わります。悩みの解決が楽しくなったりもするのです。

ストレスも瞑想によって減らしたり、なくしたりすることができます。

脳に余裕があると、ストレスの情報(嫌な音やイライラする画像など)を

より早く処理することができるようになります。

このことで、

ストレスを大きな器で簡単に受け入れることができるようになったり、

状況をいち早く把握し、落ち着いて対処できるようになります。

性格が優しくなる、いい人になる

「優しい人」、「いい人」とはどういう人のことでしょうか?

(「特徴のない人」とかではなく文字通りの意味で)

それは、

「相手の事がよくわかっていて、思いやることのできる人」

では無いでしょうか?

具体的には、

もしもあなたが落ち込んでいる時、手を差し伸べることができる人。

相手の状況を予想し、立ち回れる人。

こういう人のことを私たちは「優しい人」や「いい人」と呼ぶことでしょう。

いずれにせよ、相手のことが分かってないと人に優しくできないですよね。

逆に、相手を気にせずに自分のことしか考えていない人は

優しさに欠けているといっていいでしょう。

瞑想によってアタマに余裕ができるようになると、

相手の気持ちに深く同情する、相手の状況を考えてみるなど、

相手のことを考えることができるようになります。

それができるようになれば、アナタは「思いやりのある優しい人」になれるのです。

睡眠の質が上がる、睡眠時間が短縮する

人は眠っている間、

一日に起きたことや学んだことの情報を整理して収納する作業を行っています。

もし、アナタが深く瞑想することができるようになれば、

瞑想中に、睡眠時の作業を同じように行うことができます。

もしも、瞑想中にその作業をある程度片付けてしまえば、

眠っている間のデータの整理収納をあまりやらずに済みます。

結果、作業に追われることなく熟睡できるようになるのです。

また、レム睡眠の時ぐらいにリラックスした状態で瞑想をすると、

睡眠時間の短縮をすることだってできます。

レム睡眠とは、眠っていてもある程度体の活動を行い、

データの処理収納を行っている時間のことです。

瞑想でもレム睡眠の時と同じぐらいその作業を行えるのですから、

瞑想した分、寝る必要が無くなります。

睡眠時間2時間の内、15分間作業が行われるので、

その15分間の作業分を瞑想で終わらせれば

なんと、睡眠時間を2時間も短縮できるのです。

瞑想45分で睡眠時間6時間、

瞑想60分で睡眠時間8時間に匹敵します。

これは夢が膨らみますね!!

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は、単に「瞑想の効果」についてではなく

「日常生活なかで起こる良いこと」について紹介しました。

瞑想をやることでアナタの人生は明るさを取り戻し、

生きる活力を与えてくれることでしょう。

瞑想をやってみたくなりましたか?

↓の記事でやり方を紹介しています。

瞑想の「簡単」なやり方まとめ!初めてでも全然大丈夫。
こんにちは。この記事は、 「初めてだけど瞑想をやってみたい!」 「そもそも瞑想ってどうやるの?」 とお思いの方に「初めてでも簡単にでき...

★役に立ったらシェアをお願いします★