ネガティブで嫌な感情や思考を「視点」で処理して消し去る方法

★シェアをお願いします★

こんにちは。

「いつも不安にさいなまれていて、リラックスできない」

「なかなか怒りが収まらず、いい気分がしない」

ネガティブな感情はどうしても出てきてしまいますよね。

しかし、そんな感情に翻弄されながら暗い生活を送っていくのも嫌な話です。

今回は、湧いて出てくるネガティブな感情や思考をいち早く消すために、

「視点」を使う方法を紹介します。

この「視点」を多く持っていれば、嫌な感情に振り回されにくくなります。

感情に振り回されにくくなれば、体と心がリラックスし解放されます。

きっと、これから明るい人生を送るための手助けになるでしょう。

より多くの視点を持てば、嫌な感情や思考は消える

人間は今でも過剰に感情を使っている

私たちは嫌な感情をあらわにする時、ほんの些細な出来事でも常に100%の感情を出してしまいます。

例えば、

  • 歩いている時に少し肩をぶつけられて、ついイラッとしてしまった
  • 友人の何気ない発言に「ドキッ」とさせられ、ショックを受けた
  • 小さなケンカで「あの人に嫌われるかもしれない」と思い、ずっと不安に感じている

これらの感情は、元々は原始時代に身についたものの名残です。

原始時代は、今の時代と違って「死のリスク」を十分に抱えていました。

例えば、「動物に襲われる」「飢餓に苦しむ」「部族同士で争う」・・・などがそうです。

これらの「死のリスク」を「嫌なもの」として、できるだけ逃れられるように「感情」は作られたのです。

しかし、今の時代はどうでしょうか?

少なくとも、動物に襲われたり、お腹が空きすぎて死んだり、部族間で殺し合ったりすることはほとんどありません。

原始時代にあった「死のリスク」は今の時代にはもう無いのです。

それにもかかわらず、多くの人々は原始時代に身についた感情にまだ囚われています。

「死のリスク」から逃れるのと同じスケールで持って、ほんの些細なことに100%の感情を使っているのです。

感情の原因がちっぽけであることを「多くの視点」で知る

ネガティブな感情や思考で悩んでいる方のほとんどは、あらゆる出来事に対して「自分が死ぬか死なないか」のスケールでもって感情を使っています。

しかし、今の時代に起こる出来事のほとんどは「自分の死」に関わる問題ではありませんよね。

だから、100%のマイナス感情を出す必要は無いわけです。

このことをしっかり理解するためには、自分以外の視点を多く持っている必要があります。

「自分の視点」しか持っていない場合は、

「自分」が出来事の中に存在してしまっているため、その大きさを認識することはできません。

あたかも、自分が「死ぬか死なないか」の瀬戸際にいるかのように出来事のスケールを無意識に大きくしてしまい、マイナス感情に悩まされ続けます。

一方、「視点」をたくさん持っていれば、

自分が怒りや不安で押しつぶされそうな出来事を遠くから見ることができるので、

その出来事がどれだけ小さくて、無駄だったかを客観的に見ることができます。

そして、その「悩み」や「問題」の小ささを正確に認識できるようになれば、

脳が勝手に「もう悩む必要はない」と司令を出し、ネガティブで嫌な感情や思考が消え去るのです。

さあ、あなたも「視点」をたくさん使ってネガティブな感情から解き放たれましょう。

最初は少し難しいかもしれませんが、

習慣にすることで、「本当に死に関わること」以外の出来事ならマイナス感情に襲われずに済むようになります。

あなたに持っておいてほしい最低限の視点

自分からの視点

まずは、自分の視点で考えます。

  • 自分が何故、こんなことでムキになっているのか
  • 自分が何故、不安に押しつぶされそうになっているのか

と自問してみてください。

★友人とケンカをして嫌われそうと不安がっているのなら、

「自分が不安がっている理由」

友人のことを心無い言葉で傷つけてしまったから

友人が自分のことを「嫌なヤツだ」と思っていそうだから

☆後輩が言うことを聞いてくれないので怒っているのであれば、

「自分が怒っている理由」

後輩が自分の言うことを聞いてくれないから

後輩が自分のことを慕ってくれないから

自分からの視点では、あなたの本心をしっかりと探ることが大切です。

相手からの視点

その出来事に自分以外の当事者がいるのなら、その人が、

  • あの時は、どう思っていたのか
  • どうしてあのような行動をしたのか

を推測してみてください。

★友人とケンカをして嫌われそうと不安がっているのなら、

「その友人はケンカのことをどう思っているか、どうしてケンカになったのか」

私に非があると思って主張をぶつけてきた?

あの時は別のことでイライラしていただけで、偶然にして起こってしまった?

友人の大切な何かを無意識のうちに否定してしまっていた?

☆後輩が言うことを聞いてくれないので怒っているのであれば、

「後輩はどうして自分の言うことを聞いてくれないのか」

自分のことを不服に思っているのだろうか?

もしかしたら、親切でやってくれていただけで、

それを私が「言うことを聞いていない」と断定してしまったから?

相手はどう思っているのかを客観的に見ましょう。

「相手にも理不尽があった」「私にも非があったのかもしれない」と考えられると良いでしょう。

第三者からの視点

出来事の当事者ではない人、つまり、

はたから見ていた人はどう思っていたのかを考えてみてください。

★友人とケンカをして嫌われそうと不安がっているのなら、

「あのケンカで不安がっている自分を第三者からはどう見えていたのか」

あんなケンカで「嫌われているのかなぁ」

と不安がっているのはちょっと極端すぎると思っているのでは?

☆後輩が言うことを聞いてくれないので怒っているのであれば、

「後輩が言うことを聞かなくて怒っているのを見ている第三者からはどう見えるか」

ちょっと情けなく見えてしまうのではないか?

後輩がただ誤解しただけで、怒る必要はないのではと思っているのかも

第三者目線で考える時は、自分と相手の様子をボケーッと見るような感じが良いでしょう。

持っておくと更に良い視点

地球や宇宙、神様からの視点

とりあえず、ビッグスケールで考えてみると良いです。

  • こんなこと、誰にでもよくあることだ
  • 神様から見たら、こんなのどうでもいいことじゃないか

★友人とケンカをして嫌われそうと不安がっているのなら、

「この出来事をビックスケールから考えれば?」

ケンカなんてよくあることだ

神様だって神話のなかでケンカしているじゃないか

誰かに嫌われるなんてふつうのコトだ

すべての人に好かれる人間なんていない

☆後輩が言うことを聞いてくれないので怒っているのであれば、

「この出来事をビックスケールから考えれば?」

そんなことよくあることだ

宇宙から眺めれば、なんて些細なことなんだ

この視点は考えやすいと思います。

日本や世界、大自然で考えてみるのもアリです。

時間の流れを眺める視点

「昔はどうだったか」「今はどんな感じか」「将来はどういう風になっていくのか」

と時間の流れに沿って考えてみましょう。

★友人とケンカをして嫌われそうと不安がっているのなら、

ケンカする前は仲が良かったんだから、すぐに嫌われるなんてことはないよ

時間が傷を癒やしてくれる

これから先、永遠に絶交なんてありえない

☆後輩が言うことを聞いてくれないので怒っているのであれば、

昔は言うことを聞いてくれていたから、今は何か問題があるのだろうか

これからのことを考えて、後輩について周りの人から色々聞いてみたほうがいいな

「昔はこうだった」→「今はどうか」→「将来はどうなっていくのか」

この順で考えるとやりやすいです。

ポジティブな学びの視点

「どんなことが学べたのか」「自分にとってどんなことがプラスになったのか」を考えてみてください。

★友人とケンカをして嫌われそうと不安がっているのなら、

ただの主張のぶつけ合いは、あまり良くないことが分かった

これからは相手の話をもっとちゃんと聞いてみよう

ケンカなんて誰にでもあることだ

こんなに不安がっていては生きていけないことが分かった

今回は不安を克服する経験をさせてもらった

☆後輩が言うことを聞いてくれないので怒っているのであれば、

後輩に誤解を与えてしまったのなら、もっと情報伝達を効率よくしないと!

自分に非があったのなら、後輩にもっと気をかけたほうがいいな

この出来事は私の怒りの感情を制御する練習になった

「経験を活かす」という考え方のもとで、「学びの視点」を持ちましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか。

より多くの視点を持てば、嫌な感情や思考は消えます。

  • 人間は今でも過剰に感情を使っている
  • 感情の原因がちっぽけであることを「多くの視点」で知る

あなたに持っておいてほしい最低限の視点は、

  • 自分からの視点
  • 相手からの視点
  • 第三者からの視点

でした。

持っておくと更に良い視点は、

  • 地球や宇宙、神様からの視点
  • 時間の流れを眺める視点
  • ポジティブな学びの視点

でした。

これらの視点を使って、嫌な感情を消し去ることができるようになってください!

★シェアをお願いします★