イライラや不安の感情に振り回される事なく、根本から抑える方法

★役に立ったらシェアをお願いします★

こんにちは。

「会社の同僚から嫌味を言われて、頭にきた。」

「ちょっとしたミスでいつまでも落ち込んでしまっている。」

「恋人とうまくいっているか不安だ。」

「感情労働でもうしんどい。」

人間はどうしてもこのような「マイナス感情」が出てきてしまう時があります。

このページをこれからお読みになる人の中には、

「もうこんな感情はウンザリだ!」「消してしまいたい」とお思いの方もいらっしゃると思います。

私もこのような不安やイライラの感情を味わい尽くすぐらい、苦しんできました。

しかし、今ならこう思えます。

「この感情が生まれてしまう原因は1つだけだった。」

その原因とは何か?

そして、その原因を潰すためにできることをこのページで紹介します。

感情に振り回されるのは今の自分しか見れていないから

率直に言うと、あなたが自分のことしか考えていないときに感情からの支配を受けることになります。

例えば、満員電車に出くわしてしまった時、

その人の多さ、窮屈さに嫌気がさしてしまい、つい舌打ちしてしまった。

もしくはそのような人を見たことがあるでしょうか。

そのような人はまさに「自分のことしか見れていない」と言えます。

自分以外にも周りの人はその窮屈さ、不快さを我慢しながら頑張って乗っているのに、

「自分だけが嫌な思いをしている」と視野の狭い考え方をしてしまい、イライラの感情をあらわにしてしまうのです。

もしも、自分の周りの人のことも考えることができているのであれば、舌打ちなんて絶対にしないはずです。

むしろ、自分の身の周りの人が少しでも快適に電車で過ごせるように何か工夫をするなどの行動をとろうとするのでは無いでしょうか。

もう一つ、例を出しましょう。

刑事モノでよくある、捕まったあとの殺人犯の弁明シーン。

殺人犯が罪を犯してしまったその理由を述べた後に、

刑事さんが、被害者や遺族の事情を話すことが多いです。

具体的には、

「あなたが罪を犯してしまったら、あなたの息子さんはどうなるか分かっているのですか!!」

「あなたの殺したその人の遺族は今どんな思いをしているか・・・」

「あなたが死なせてしまった◯◯さんはあなたのために頑張って尽くしていたんですよ」

それを聞いた殺人犯は「ハッ」として、自分の犯した罪の重さに愕然とします。

今まで自分のことしか考えていなかった殺人犯は、被害者や遺族の事情がどのようなものかを知った途端、嫉妬や恨みの感情が消え失せ、自分が今までやってきたことを正しく認識できるようになるのです。

このように、自分のことしか考えていない人は感情に振り回されながら悪い運命を受け入れることになります。

逆に言えば、

自分の周りの人の事情をよく知っていて、気にかけることができているのであれば、怒りや不安というマイナス感情に振り回されることは無くなるのです。

感情を消す、抑え込むのはあまり良くない

「感情が出る」というのは、例えば「暑いから汗をかく」や「お腹が空いた」などと同じで、

「人間にとって極めて普通なこと」です。

なので、感情を消そうとしたり抑え込もうとしたりするのは、

「暑いけど汗をかかない」「お腹が空いたけど何も食べない」というのと同じことです。

暑いのに汗をかかなかったら、熱中症になります。

お腹が空いているのに何も食べなかったら、飢えて死んでしまいます。

それと同じことで、出したい感情を抑え込んでしまえば、やがて感情が制御できなくなって爆発したり、「うつ」などの精神病にかかりやすくなったりするのです。

感情を出さないようにしようと考える理由は、

今、自分の出そうとしている感情は「醜いものだ」「嫌なものだ」と考えているからと私は推測します。

そうでしょ?

しかし、このような感情を消そうとしたり、蓋をしたりするのは人間の生理に反することなので、できるだけしないようにしましょう。

そのかわり、出てきたマイナス感情をできるだけ無くすようにする方法で対処しましょう。

それが、次になります。

嫌な感情をコントロールするには

周りの人を気にかけてみる

前にも言ったとおり、感情に振り回されてしまうのは「自分のことしか考えていないから」です。

それは「自分だけ」が理不尽を被っていると思い込み、他者に対する反発が強い状態です。

感情に振り回されないようにするには、ちょっとずつでも良いので周りの人を気にかけてみるのが有効な手段です。

色々な人の事情を知り、その人の生活を追体験するようにして想像してみるのです。

この行動を繰り返していった結果、

自分だけが理不尽を押し付けられているのではなく、他のみんなも負けじと頑張っているんだと思えるようになるとイライラなどの嫌な感情は無くなります。

例えば、会社の後輩が自分の言うことを聞かなくなってしまった場合、

そんな後輩に対しての怒りと、ちゃんと自分の言うことを聞いてくれるかの不安の感情が生まれてしまいます。

こんな時、どうしても「後輩が言うことを聞かない」とか「自分はちゃんとやっているのに」とつい愚痴をこぼしそうになりますが、

後輩のことも考えてみましょう。

「後輩が言うことを聞かなくなったのは何故だろう?」「後輩には何か大きな問題を抱えているのかも!」と推測してみたり、

仲の良い同僚にその後輩について色々聞いてもらったりするのです。

納得できる事情が分かれば、嫌な感情は消え失せます。

「後輩はあんな問題を抱えていたから、私の言うことを聞ける状況ではなかったんだな。」

「私にも非があったんだ。」

こう思えるようになれば、良いですね。

周りの人を気にかけてみるという行動は、「自分」から「自分とその周りの人」へと視野を拡げるために行うものです。

視野が広ければ広いほど、感情に振り回されること無く生活していくことができます。

自分→周りの人→同じ部署の人→同じ会社の人→同じ職業の人→・・・

こういう感じで視野を広げられるようになれば、イライラや不安などのマイナス感情をうまく制御することができます。

自分の目的にそった生き方をする

あなたの目的(小さなことでも大きなことでも)は何でしょうか。

何の目的も無い生活を送っていると、感情を主体とした生活を送ることになります。

「たくさん食べたい」「ずっと寝てたい」「お金がほしい」・・・

こういった感情に振り回されてはいませんか。

自分の明確な目的の無い生活を送っていると、感情的な行動を優先してとってしまうので、

人生そのものが堕落していきます。

逆に明確な目的を持った生活をしていると、あらゆる行動を取捨選択することができます。

それは「目的を達成するための行動」と「目的とは無関係なムダ行動」に分けられます。

そこでは、「目的を達成するための行動」を優先してとるようになるので、いくら自分の感情が悪魔のようにささやいてきても、振り回されずに生活できるようになるのです。

このような日々の生活はマラソンに似ています。

マラソンにはゴールが無いといけませんよね。

もしゴールが無ければ、どこを走ったらいいのかが分かりません。

嫌気がさして、近くの喫茶店でボーッとしてしまうかもしれませんね。

ゴールがあるから、走り続ける。

この点で言えば、日々の生活も同じように「目的があるから、生き続ける」と言えますね。

くだらない感情に振り回されず、日々の生活を送っていきましょう。

あなたの目的は何でしょうか。

そして、その目的のためにあなたはしっかり行動できていますか?

目的が無い!とお困りの方は↓のページを参考にしてみてください。

私なりの目標の立て方~本当の望みを実現させる方法~
こんにちは。 「目標を立てては諦め、立てては諦め・・・」 あなたは、この無意味なサイクルをずっと繰り返してはいませんか? ...

睡眠を大事にする

睡眠不足に陥っていると、マイナス感情にとても敏感になります。

さらにネガティブ思考にもなりやすく、嫌な感情が頭から離れなってしまうのです。

そうならないためにも、「予防」として睡眠を大事にすることを心がけてください。

睡眠を甘く見てはいけません。

感情に振り回されたくない、とお思いの方ならなおさらです。

寝不足の状態が続くと、脳の神経伝達物質「セロトニン」が不足してしまうので、気持ちが不安定になり、精神面にも悪影響が出ます。

たとえば、ささいなことが気になってクヨクヨといつまでも悩んだり、イライラしやすくなったり、突然怒りやすくなったりと、感情の起伏が激しくなります。

引用元:https://fuminners.jp/newsranking/7732/

自分の今の感情をチェックしてみてください。

感情が常にフラットな状態でなく不安定だと思ったり、感情の起伏が激しいな感じている人は、

この睡眠不足に陥っている可能性が高いと言えます。

この場合は、まずはしっかりと睡眠をとるように心がけましょう。

疲労を残さない最高の睡眠を手に入れるための行動とは?
「寝れない。」 ちゃんと休みたいのに、明日に備えたいのに なかなか寝付くことができないのは辛いことです。 でも大丈夫です。...

まとめ

いかがだったでしょうか。

感情に振り回されるのは今の自分しか見れていないからでした。

感情を消す、抑え込んだりせずに、マイナス感情を消す方法で対処しましょう。

その方法は、

  • 周りの人を気にかけてみる
  • 自分の目的にそった生き方をする
  • 睡眠を大事にする

でした。

↑の3つの方法で自分の感情を調整しながら、良い生活を送っていきましょう。

★役に立ったらシェアをお願いします★