「マズローの欲求段階説」人は欲求を経て絶えず成長していく

★シェアをお願いします★

こんにちは。

今回は、マズローの欲求段階説について紹介します。

マズローの欲求段階説とは

マズローの欲求段階説とは、

アメリカの心理学者アブラム・マズローが唱えた説で、

「人間は自己実現に向かって成長し続ける」ことを前提にして

5つの欲求を段階的に分類したものです。

5つの欲求を一番下の階層から順に説明していくと、

このようになります。

より原始的な欲求が下に、高次な欲求が上にきているピラミッド型の図ですね。

マズローの説によれば、

下の階層の欲求がある程度満たされることで、次の段階の欲求に突入するといわれています。

わかりやすく言うと、

生理的欲求が満たされる→安全の欲求をするようになる

社会的欲求が満たされる→承認の欲求をするようになる

というわけです。

逆に考えてみると、

生理的欲求がある程度満たされていない→安全を欲求をしない

承認の欲求がある程度満たされていない→自己実現の欲求をしない

ということになります。

↑のピラミッド型の図では、

より原始的な欲求の下地がないと高次の欲求が起こらないことを表していますね!

マズローの説ではこのように、

人間が色々な段階の欲求を経ていくことによって自己実現を成し遂げていく

ことを主張しています。

ちなみに、マズローはこの5つの欲求を「欠乏欲求」と「成長欲求」に分けていました。

「欠乏欲求」は過去に満たされたことがあるのなら、多少欠乏していても

耐性がつくようになり、

「成長欲求」は低次の欲求が満たされていなくても、

「自己実現」に関する活動を行えるようになるといわれています。

それでは、それぞれの欲求について説明していきましょう。

低次の欲求

生理的欲求

生命を維持するための本能的な欲求です。

食べる、寝る、排泄するなどの原始的な行為がそうです。

現代に生きる私たちのほとんどはこの欲求をクリアしているので、

あまり気にすることはなく、すぐに次の「安全の欲求」へと移っていきます。

お腹が極端に空いていたり、死にそうなほどの睡眠不足なのであれば、

安全のことなんか考えないで

目の前のものを食べたり、その場で寝ちゃったりしちゃいそうですよね。

安全の欲求

生理的欲求が満たされると、

安全性や経済的安定感、健康状態などを気にするようになります。

安全な家に住みたい、健康な体でいたい、安心な暮らしがしたい、などがそうです。

この欲求も生理的欲求と同じで、ほとんどの人がクリアしている欲求であるかと思います。

社会的欲求

ここまでの2つは物理的、肉体的な欲求でしたが、

ここからは精神的な欲求に移行していきます。

社会的欲求とは、例えば、集団に属したり仲間が欲しくなったりする欲求のことです。

大人数の社会のなかで、「自分は必要とされている」「社会的役割を担っている」と

思うことができるようになることで、この欲求は満たされていきます。

この欲求が満たされないままでいると、人は孤独感や社会的不安を感じやすくなります。

今の日本ではこの欲求を満たされない人も多いのではないでしょうか?

高次の欲求

承認の欲求

先程の3つの欲求は自分を取り巻く環境についての欲求でしたが、

ここからは自分の心の問題になっていきます。

承認の欲求とは、自分が所属する社会や集団のなかで

価値のある存在であり尊重される人間であることを求める欲求です。

この欲求はレベル別でさらに2つに分けることができます。

名前はつけられていないので、「低レベル」「高レベル」で分けることにします。

低レベルの承認の欲求

「低レベル」の承認の欲求は、他者から受け取るものです。

他者から尊敬されたい、高い地位につきたい、

名声がほしい、注目を浴びたいというのがそうです。

マズローはこの「低レベル」の欲求にとどまり続けるのは危険だと言っており、

現代に至ってもこの「低レベル」の欲求で苦しんでいる人はたくさんいます。

shay
他者からの尊敬を得たい、名声を得たいと思っていると、

他者に対して人一倍気にするようになってしまいます。

それで結局、周りの人の要求に無理に答えるようになってしまい、

病んでいくんですよね。

参考記事

こんにちは。 承認欲求とは、「人に認められてほしい」という欲求のことです。 例えば、 いい成績をとって、親にほめられた...
こんにちは。 承認欲求は人間なら誰にでも芽生えるものです。 しかしこれが大きくなりすぎると、様々な問題を抱えることになってしまい...

高レベルの承認の欲求

「高レベル」の承認の欲求は、自らが感じて受け取るものです。

自己尊重感や自分に対する信頼が欲しい、自立したい、

自分の技術やスキルを磨いていきたい、と思うようになります。

これは他者からの評価はあまり関係が無くて、

自分が自分のことをどう思っているかでほぼ決定します。

この欲求が妨害されてしまうと、無気力や劣等感に悩まされることが多いです。

shay
この欲求を程よく満たしていくためには、

まず自分が自分のことをよく知り、しっかり信じてあげることが重要です。

他者からの評価はそのまま真に受けずに、参考程度で聞き流していればいいんです。

自己実現の欲求

この4つの欲求を経て、ついにたどり着くのが自己実現の欲求です。

今までの4つの欲求を乗り越えてきても、

現状の自分にはまだまだ不満があるし、落ち着きも無いと感じていきます。

そして、そうならないためにはどうすればいいかを考え、

ありのままの自分自身を体現させるための努力をするようになります。

世間と自分とどう折り合いをつけ、

自分の持っている可能性、最大限の力をどう発揮するかを模索している状態です。

ここでいう「自己実現」とは、

「自分の夢を叶えた、目標を達成した」という意味ではありません。

「過程そのもの」という意味です。

マズローは、この自己実現を達成した自己実現者には

以下の特徴があるといっています。

  1. 現実をより有効に知覚し、より快適な関係を保つ
  2. 自己、他者、自然に対する受容
  3. 自発性、素朴さ、自然さ
  4. 課題中心的
  5. プライバシーの欲求からの超越
  6. 文化と環境からの独立、能動的人間、自律性
  7. 認識が絶えず新鮮である
  8. 至高なものに触れる神秘的体験がある
  9. 共同社会感情
  10. 対人関係において心が広くて深い
  11. 民主主義的な性格構造
  12. 手段と目的、善悪の判断の区別
  13. 哲学的で悪意のないユーモアセンス
  14. 創造
  15. 文化に組み込まれることに対する抵抗、文化の超越

引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%87%AA%E5%B7%B1%E5%AE%9F%E7%8F%BE%E7%90%86%E8%AB%96

是非ともこんな人と会ってみたいものです。

本当にいるのでしょうかね???

欲求段階説のよくある勘違い

完全に満たされていなくても上の段階に行ける

マズローの欲求段階説では、

低次の欲求を満たすことで高次の欲求を移行できると説明されていますが、

ここで勘違いされる方も多いと思います。

別に、100%満たされていなくとも高次の欲求に移行できるのです。

マズローはより高次の欲求に移行するためには現時点の欲求が完全に満たされる必要はないと述べている。マズローによると、生理的欲求では85%、安全欲求では70%、愛の欲求では50%、自尊心の欲求では40%、自己実現の欲求では10%の達成度で移行が充足されるという。

引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%87%AA%E5%B7%B1%E5%AE%9F%E7%8F%BE%E7%90%86%E8%AB%96

※愛の欲求は社会的欲求のことです。

欲求が高次であればあるほど、実はあまり満たされてなくてもいいんです。

逆に、私たちの肉体的な欲求に関しては

ある程度満たされていないと高次な欲求をしなくなるということが分かります。

生理的欲求が満たされていないとどうなるでしょうか。

お腹が空いたら、あまり仕事のことは考えられなくなりますよね。

睡眠不足の場合も同じです。

安全の欲求が満たされていないとどうなるでしょうか。

銃声の飛び交う職場で仕事なんか絶対にできませんよね。

このように、肉体的な欲求はある程度満たされている必要はあるでしょう。

しかし、その上の欲求は半分以下でも満たされていればいいのです。

shay
たまにこのマズローの欲求段階説をビジネスに取り入れよう!みたいなのを見たことがあります。

お客様の欲求をマズローの欲求段階説と照らし合わせて、

今はこの段階にいるから~みたいな感じでした。

なんか上から目線ですよね。

みなさんが低次な欲求で止まっているなんて絶対にありません。

低次の欲求が多少満たされていなくても、上部の欲求はしっかり出てくるのです。

欲求段階説の効果的な使い方

5つの欲求が満たされているかの指標にする

「なんだか幸せを感じられない」「ネガティブ思考になってしまっている。」

そんなときは自分の生活を振り返って、

5つの欲求が満たされているかどうかを考えてみましょう。

別に100%満たされなくてもいいんです。

生理的欲求・・・85%

安全の欲求・・・75%

社会の欲求・・・50%

承認の欲求・・・40%

自己実現の欲求・・・10%

これを指標にしてみると、今の自分には何が足りないのかが分かります。

いや、足りないことなんて無い、ってことも十分ありえますが。

足りなかった場合の対処を私なりに書き留めて置きます。

  • 生理的欲求

たくさん食べる、美味しいものを食べる、いっぱい寝る、性交渉を楽しむ、笑う

  • 安全の欲求

家にこもる、快適な室温で過ごす

  • 社会の欲求

共通の趣味の仲間をつくる、ネットでチャット、慈善事業をする、団体に所属する

  • 承認の欲求

自分を信じる、認められるまで頑張る、自分でつくったノルマを達成する

自分の成し遂げてきたことを1つ1つ思い出す、自分は実は幸せだったと悟る

  • 自己実現の欲求

自分の長所を探す、未来の自分を想像する、世間と自分の違いを知る

自分の悩みの解決法を色んな視点で考える

このように5つの欲求を満たしていくことによって

自分が幸せを実感できたり、もっと前向きに、

エネルギッシュに生きることができるのではないでしょうか。

まとめ

マズローの欲求段階説とは、

アメリカの心理学者アブラム・マズローが唱えた説で、

「人間は自己実現に向かって成長し続ける」ことを前提にして

5つの欲求を段階的に分類したものです。

その5つの欲求は

  1. 生理的欲求
  2. 安全の欲求
  3. 社会的欲求
  4. 承認の欲求
  5. 自己実現の欲求

でした。

欲求段階説のよくある勘違いとして、

  • 完全に満たされていなくても上の段階に行ける

欲求段階説の効果的な使い方は、

  • 5つの欲求が満たされているかの指標にする

でした。

最後までお読みいただきありがとうございました。

★シェアをお願いします★