ストレスに負けない強い心をつくる簡単な方法

★役に立ったらシェアをお願いします★

こんにちは。

「ストレス」という言葉は、最初は物理的な意味だったのに、

すっかり「精神的」な意味に置き換わってしまいましたね。_| ̄|○ il||li

それぐらい、今の社会では精神的ストレスが問題視されている

ということなのでしょうか。

学校や職場では色々なストレスを受けることも多いはずです。

むしろストレスを受けない人はいない、といっても過言ではないでしょう。

今回は、そんなストレスに負けないために強い心をつくりましょう。

どれも簡単にできることばかりで、今すぐに実践できます。誰でもできます。

強い心を持てば、ストレスで悩むことなんてまず無くなるでしょう。

また、ストレスで悩んでいる人に寄り添ってあげることもできますよ。

ストレスに負けない強い心をつくる簡単な方法

↑私の大好きなアニメ『Rick and Morty』に出てくるミーシークスくん(どうでもいい)

物事をポジティブに考えてみる

ストレスに強い心を作るために一番効果的な方法が

「少しでもポジティブに考える」、「プラス思考になる」ことです。

プラス思考は、自分の不安やストレスを跳ね除ける強力な武器です。

何かのトラブルが起きてしまったり、相手に否定されることがあっても、

あなたがプラス思考を持つことで、簡単に乗り越えることができるようになります。

ここで一度、プラス思考の意味について確認しておきましょう。

その理由は「プラス思考」と聞いて、

「成功や希望を信じて行動すること」「物事の良い面だけを見ること」

↑こういう意味で捉えている人が多いからです。

本当の「プラス思考」とは、

「物事の良い面と悪い面の両方を判断し、良い面を評価すること」なのです。

例を挙げてみましょう。

  • 仕事で大きなトラブルが起きてしまった!

そんな時、プラス思考な方が考えることはまず、

「良い面」と「悪い面」が何かを考えます。

ここでは、まず悪い面が先に出てしまうことが多いでしょう。

悪い面:周りの人の迷惑がかかってしまった、あとで怒られてしまう、など

しかし、そこで「プラス思考」使って、良い面を見つけ出します。

良い面:このトラブルの原因を見つけて、もう起こらないように対処できる

この失敗をバネにして次はもっと頑張ることができる、など

そして次にやることは、「良い面」を尊重することです。

あとで怒られたり、迷惑をかけた相手に謝らなければならないこともありますが、

プラス思考の人はそれらを重要視することはありません。

これからできることを重要視して、希望を見出しているのです。

ストレスの多くの原因は、未来に対する不安が一番多いです。

しかし、プラス思考の人は未来に希望を感じながら、

これからの行動をサッサと決めています。

向かうべき道を決めてしまえば、進むことに不安を感じることは無いのです。

もし、物事を否定的に考えてしまうとどうなるのでしょうか?

物事を否定的に考える時、

人間は残念ながら「悪い面」しか見ていない事が多いです。

さっきの例では、

「仕事で大きなトラブルが起きてしまった!」

そんな時に思った「悪い面は」、

周りの人の迷惑がかかってしまった、あとで怒られてしまう、など

でした。

「悪い面」だけを愚直に考えていても、問題解決や未来に対する意志を無くし、

後で起こるであろう「嫌なこと」ばかりが頭に浮かんできます。

そうなってしまうと、「嫌なこと」についての不安や悲しみが

ストレスとなってあなたに降り掛かってくるのです。

物事を悪い面だけを考えること無く、ポジティブに考えてみることは、

ストレスを感じない有効な方法の一つです。

自分の良いところを見つけて大切にする

数あるストレスの中でも、一番重く感じてしまうのが「自分を否定される」ことです。

人間は自分の個性や存在を一度でも否定されてしまうと、

そのすべてを否定されて失ったかのような喪失感を味わうことがあります。

それはどんなに些細なことのように思われてもです。

そんな時の対策法として、

自分の良いところを見つけて大切にすることです。

良いところが多ければ多いほど、大きい効果を発揮します。

それは自分をより肯定することに繋がるからです。

「自分の長所は?」

と言われて「そんなの無いよ。」と答える方がひょっとしているかもしれません。

あまり自分の長所を見つけられなかった人も聞いてほしいことなのですが、

自分の長所と短所は紙一重であることが多いのですよ。

たとえば、

  • 馬鹿な人→天然な人、人を簡単に笑わせることができる人
  • オタクである→ある分野では誰にも負けない、専門知識を持っている
  • 感情の起伏が無い→いつも冷静である、正確な判断ができる
  • 頑固な人→色々な物に惑わされず物事をやり通せる

などなど、逆転の発想で長所を見つけることができます。

ちなみに言っておきますが、

長所や短所というものは状況によって変化する自分の特徴であるといっていいでしょう。

頑固な人の例でいきますと、

頑固であると言われる状況は、

  • 人からアドバイスされても耳を傾けようとしない
  • 会議などで自分の主張を押し通そうとしている

色々な物に惑わされず物事をやり通せる人だと言われる状況は、

  • 政治家が、ハニートラップなどの誘惑が多いなかでも仕事をしっかり全うする
  • 物凄く辛い環境が待っているのにエレベストに登山しに行く

ここから言えることは、

どんなに多くの人に人間性を否定されてしまっても、

自分を受け入れたり肯定してくれる人がいるということです。

まずは、自分自身を肯定することで、人間性否定の脅威から身を守りましょう。

そうすることで、

一番重いダメージである「否定のストレス」をうまく減らすことができます。

実際を想定して成功イメージを描く

特定の場面で不安に思ってしまったり、自信を無くしている状態では

様々なストレスにさらされることになります。

「失敗したらどうしよう・・・」「絶対ムリだよー」

こういった根拠の無い予想や、未来への思い込みがストレスとなって現れるのです。

このようなストレスを受けにくくするためには、

実際を(本番を)想定して自分が成功しているイメージを描くのが有効です。

プレゼンやスピーチのことを考えて、ふっと不安になってしまった時や、原稿の準備や練習をしている時にドキドキしてしまった時… こんな時には即座に今まで繰り返してきた「成功のイメージ」を呼び起こします。

不安になる時、人は「失敗をするイメージ」を頭に思い描いてしまいがち。 「うまくいかないのでは」という不安が益々大きくなり、緊張を余計に強めてしまうのです。

失敗への不安から成功へのイメージへと切り替えるには、「成功する!」と口に出してみるのも効果的。 「できる、成功する」と自分に言い聞かせてから、もう一度成功をした自分の姿をハッキリと思い描いてみましょう。

引用元:https://cotree.jp/columns/844

shay
根拠のない予想や先の不安を思うよりも、もっと有用なことを考えましょうよ。

実際に起きそうなことをいくつか挙げてみたり、

自分の成功イメージを思い描いてみたりした方が、

今、自分が何をするべきなのかも明確に分かりますし、

成功イメージをするだけで、本当に成功したりするのですよ。

『リーダーズ・ダイジェスト』に高校のバスケットボール選手を対象にした実験の結果が載っていた。

同程度の力を持つ選手を3つのグループに分け、それぞれに課題を与える。

第一のグループは、1ヶ月間、まったくフリースローの練習をしてはいけない。

第二のグループは、1ヶ月間、体育館で毎日1時間のフリースローの練習をする。

第三のグループは、1ヶ月間、毎日1時間、自分の頭の中でフリースローの練習をする。

結果は、フリースローの成功率が以下のように変化したそうです。

第一のグループは、平均39%から37%に落ちた。

第二のグループは、平均39%から41%に上がった。

第三のグループは、平均39%から42.5%に上がった。

引用元:http://cocolo-karuku.com/?p=148

新しい行動をする

新しいことをすることは、ストレスに負けないというよりも

もっと広義の「メンタルの強化」に繋がります。

新しい行動で自分の精神に新しい刺激を与え、

メンタルを鍛えるキッカケをつくってくれます。

わかりやすい例を挙げてみましょう。

  • 無人島でサバイバル生活

生きることがどれだけ大切かを知ることができます。

今までコンビニやスーパーで食料を調達していましたが、

今度は自分の手で食料を調達しなければいけません。

などなど・・・

生きることの「苦労」を知ることになります。

現代社会にどれだけ便利な物やサービスがあったのかを改めて感じることができ、

感謝の気持ちも沸き起こってくるでしょう。

また、後でどんな困難に出会ったとしても、

「あの時のサバイバル生活よりはよっぽどマシだな。」

と気持ちを軽くすることができます。

サバイバル生活を通して、心が鍛え上げられたと言ってもいいでしょう。

新しい行動をしていくなかで、

自分の思考や感情、別の行動に大きな影響を与えることができます。

さっきは、「無人島生活」という少し極端な例を出しましたが、

ほんの些細なことでもいいので新しい行動をすることで、

新しい発見をし、心を鍛えることができるのです。

瞑想する

瞑想をすることで、文字通り「ストレスに負けない心」をつくることができます。

瞑想とは、目をつぶって自分の心の中を見つめる行動です。

自分の意志とは無関係に沸き起こってくる不安や心配事を

客観的に把握することでメンタルを強くすることができます。

「ああ、自分ってこんな変なことかんがえていたんだなー」

そう認識することで、考えるべきことをまず優先して

どうでもいい不安や心配事をしないようにすることができます。

不安や心配事をしなくなれば、

そこから生じる様々なストレスも受けにくくなります。

瞑想をすると「ストレスの源泉」を断つことができるのです。

このサイトでは「瞑想」について色々紹介しているので、

是非、立ち寄ってみてください。

瞑想とは?→簡単なやり方、効果などを全部まとめてみました
こんにちは。 この記事は「瞑想とは何か?」を説明したあとに、 瞑想に関する記事(やり方など)をまとめたもの ...

まとめ

いかがだったでしょうか。

ストレスに負けない心をつくる”誰でもできる”方法

それは、

  • 物事をポジティブに考えてみる
  • 自分の良いところを見つけて大切にする
  • 実際を想定して成功イメージを描く
  • 新しい行動をする
  • 瞑想する

でした。

ぜひ試してみてください。

★役に立ったらシェアをお願いします★